2016/8/4






※3相200Vにはコンセント形状がいろいろある為、製品出荷時にはプラグを付けていません。

【電源】3相200V 50/60Hz
【最大消費電力】6.0Kw
【最大電流】18A
【電源コード】4芯 2.5m
【供給水圧】0.5~2.0kgf/平方センチメートル
【調理時間設定】調理、注水の各時間は、
0~9分59秒まで可
【焼き鍋寸法】200×370mm 1基×2
【重量】44kg
※水圧2kgf/センチメートル以上の場合は、給水接続口に減圧弁を接続してください。
1蓋を閉めるだけの自動スタート!
●タッチパネルの簡単設定です。
●残り時間をカウントダウン表示します。
●焼き上がりはブザーが知らせます。
2経済性と均一調理!
●少ない電力消費で早い焼き上がり。
●鍋温度を敏感にコントロールし、鍋の温度ムラを
追放。均一調理で人を選びません。
3新機構BBS
●蓋のシール性を増し、上記の押さえ効果で、
ぎょうざを芯まで蒸し上げます。
●熱い湯気から手を守る~「湯気逃し」機構を実現!
~グリップを少し持ち上げると、熱い湯気が背後に抜け出ます。
4お手入れは簡単!
●レバーを回せば、簡単に蓋がはずせてスッキリ洗えます。
いつも楽しくご愛用頂けます。


■■■■配送についての注意■■■■■
・運送業者の運転手さんは原則1人の為、中型、大型商品の荷下ろしが出来ませんので、
配達当日は荷下ろしできるように、 人手をご用意下さい。

・3~4人で持ち運ぶ事が困難な重量物の商品は支店止めとなります
(支店止めの場合はご足労ですが、お近くの営業所までお引き取りに行っていただくかたちになります)




店舗用識別コード:11-0256-0202

















ワイズY's コットン天竺ニット半袖ワンピース モカ2【中古】 【レディース】

生まれのブランドで サニクック 餃子焼 GZ271C 3相200V【代引き不可】【餃子焼器】【ぎょうざ焼器】【ギョーザ焼器】【業務用】-餃子焼器

生まれのブランドで サニクック 餃子焼 GZ271C 3相200V【代引き不可】【餃子焼器】【ぎょうざ焼器】【ギョーザ焼器】【業務用】-餃子焼器

生まれのブランドで サニクック 餃子焼 GZ271C 3相200V【代引き不可】【餃子焼器】【ぎょうざ焼器】【ギョーザ焼器】【業務用】-餃子焼器

20160602_163153

2016/6/5

生まれのブランドで サニクック 餃子焼 GZ271C 3相200V【代引き不可】【餃子焼器】【ぎょうざ焼器】【ギョーザ焼器】【業務用】-餃子焼器

生まれのブランドで サニクック 餃子焼 GZ271C 3相200V【代引き不可】【餃子焼器】【ぎょうざ焼器】【ギョーザ焼器】【業務用】-餃子焼器

2016/10/14

生まれのブランドで サニクック 餃子焼 GZ271C 3相200V【代引き不可】【餃子焼器】【ぎょうざ焼器】【ギョーザ焼器】【業務用】-餃子焼器

生まれのブランドで サニクック 餃子焼 GZ271C 3相200V【代引き不可】【餃子焼器】【ぎょうざ焼器】【ギョーザ焼器】【業務用】-餃子焼器

買い物過去の記事

  1. ヨウジヤマモト ファムYohji Yamamoto FEMME コットンリブショート丈ボタンレスカーディガン 黒M【中古】 【レディース】

    2015-10-30

    サザンマリーナレジデンス

おすすめ記事

  1. リンナイ ペット赤外線上火グリラー RGP-46SV LP【代引き不可】【業務用】【焼物器】【グリラー】
  2. 11934568_972176146179454_1040390325374705902_o
    自分の会社(シンガポール法人)のオフィスに来てみました。 といってもシェアオフィスなんですが! …
  3. VICTORINOX ビクトリノックス 腕時計 I.N.O.X. イノックス タイタニウム スカイハイ リミテッドエディション 2,000本限定 TITANIUM チタニウム 43mm 241772.1
  4. 【あす楽】【ラスト1本】FHB エフエイチビー 腕時計 クラシックフレアーシリーズ Classic Flair Series F907RG-BR 【正規輸入品】「ヴィンテージベーシック」由緒ある腕時計の基本形。FHBはフェリックス・フーバーの名を冠にして始まった腕時計ブランド。
    本日放映されたウラマヨです(^^♪ 時にちょっとふざけた発言をしておりますが、…

話題をチェック!

  1. ウィーウッド WEWOOD 腕時計 ウッド/木製 PHOENIX CHRONO TEAK BK 9818141 メンズ 正規輸入品

    2015-9-3

    日本の未来について

Mailmagazine

過去ログ

ページ上部へ戻る